シワにマッサージ効果はある?

よく、シワ対策にマッサージが効果的!といわれます。
しかし、マッサージ方法を間違えれば逆にシワが増えてしまったり、たるみが出てしまったりといったことがあるのではないかと不安に思う人は私だけではないでしょう。
シワにマッサージという対策は、果たして本当に効果があるのでしょうか。

 

 

ポイントはリンパの流れと表情筋

リンパの流れをよくしましょう。
そんな文面を見ることがありますね。
あまり意識していないとそのままスルーしてしまうところですが、実はこのリンパの流れを意識することは、シワ対策にも有効なのです。
というのも、リンパの流れをしっかり意識して老廃物を流すことで、マッサージ効果がしっかり得られるのです。
逆に、リンパの流れと逆方向にマッサージをしてしまっては、老廃物を流すことができず、マッサージ効果が得られるどころか、逆効果になってしまうこともあります。
また、表情筋の方向も大事なポイントです。
顔には眉を上下に動かす前頭筋、目の開閉運動を行う眼輪筋、口元を動かして表情を作る口輪筋、口角を上げるための頬筋、笑みやえくぼを作る笑筋などの表情筋が30種類以上もあるのです。
これらの表情筋を意識して全て使うようにするとともに、筋肉の方向に沿ってマッサージを行うことも大切です。

 

 

摩擦を防ぐために、クリームなどを使用する

マッサージは、筋肉に刺激を与えるため、どうしても皮膚に摩擦がおこりがちです。
すると、摩擦により肌の老化が進んだり、たるみが出てしまったりすることもあるので注意しましょう。
特に、お肌が乾燥した状態の時が要注意です。
マッサージをする際には、クリームなどを使用してできるだけ摩擦を防ぎましょう。

 

 

マッサージは優しく

マッサージを行う際の力加減は実は素人判断だととても難しいものです。
というのも、その力加減は部位によって変わってくるからです。
しかし、顔のマッサージの場合、決して痛気持ちよいぐらい力を入れては危険です。
優しくゆっくり行うこと、マッサージする時間は長すぎないようにしましょう。
1日10回×1〜2セット位で十分です。

 

 

自己流マッサージが不安な人は、専門家に依頼しましょう

自己流マッサージは手軽に行えて楽ちんと思っている人がたくさんいます。
しかし、その力加減や、摩擦などの不安要素と隣合わせなのも事実です。
自分で行うマッサージが不安な人、やってみたけど効果を感じない人は、エステティシャンなどの専門家を頼るのもよいと思います。

 

 

 

正しいマッサージでシワにしっかりアプローチを行っていくことが大切です。
特に、テレビや動画などを観ながらの「ながらマッサージ」は、意識が離れてしまうのでできる限り避けたいところです。
セルフマッサージを行う場合は、慣れるまではしっかり意識してポイントを押さえましょう。