そのシワは加齢によるシワ?シワの原因と対策

歳を重ねるとごとに悩みはどんどん増えていきます。
その悩みは、若いころに悩んだ金銭的なことや、太っていることなどとは少し異なり、白髪が増えたこと、シワやシミ、たるみが増えたことなどの多くは老化による悩みなのです。
また、見た目だけの変化ならまだよいのですが、痛みを伴ったことや、日常生活を送るのに不便なことはなかなかツライものがあります。
とはいっても、私のシワの悩みも結構深刻ですので、やはりしっかり対策を考えておきたいところなのです。

 

 

シワの原因

シワができる原因はいくつかあります。

 

  • 純粋に加齢によるもの(お肌の弾力が低下)
  • 加齢による乾燥(水分保持力の低下)
  • 加齢による女性ホルモンの低下
  • 湿度や気温の低さなど外的なものによる乾燥
  • 紫外線などのダメージによる弾力低下

 

こうして見ると、半分以上は加齢によるものであることがわかりますね。
実際に加齢は誰しもが避けては通れない道ですので、そこは覚悟しなければならないのでしょう。
しかし、よくよく見ると、加齢による乾燥は、何とかなるのではないかと思いませんか。
また、紫外線や、湿度が低いことによる乾燥もどうにか防ぐことができる気がします。

 

 

シワの種類別予防法

 

乾燥によるシワ

乾燥によるシワが目立つ人は、ともかくお肌の水分量が足りていません。
保湿ケアをしっかり行う必要があります。
保湿成分がしっかり配合された化粧水をたっぷり含ませたコットンをお肌に乗せて、パックするのもおすすめです。
ともかく、保湿ケアを意識しましょう。
特に秋冬は外の乾燥だけでなく、室内も乾燥しがちです。
保湿を意識した化粧品を上手に活用していきましょう。
化粧水で保湿を行った後は、しっかり蓋をしてあげるのが大切です。
乳液の使用を推奨します。

 

 

紫外線によるシワ

こちらも、しっかり意識してアイテムを使用するだけで紫外線をある程度防ぐことは可能ですね。
日傘や日焼け止め、帽子やサングラスを活用して、しっかり紫外線対策を行いましょう。

 

 

内側からケアをする

ハリ不足には、コラーゲンやエラスチンがおすすめです。
コラーゲンは直接的には摂取が難しいので、生成を促すアミノ酸やタンパク質、ビタミンCをバランスよく摂取することを心掛けましょう。

 

 

表情を意識する

シワは、普段の表情の癖でもできてしまいます。
眉間にシワを寄せる人、額にシワを作ってしまう人は、特に意識してシワにならないように注意しましょう。
意識するだけでも、シワを薄くすることは十分に可能です。

 

 

シワ=加齢によるものというイメージがありましたが、実は原因はそれだけではないこと、また意識一つで対策ができることがわかりました。
できることからシワ対策を始めていき、「NO!シワライフ」を目指して頑張りましょう。